So-net無料ブログ作成

ユズリハの葉 [草や木そして花]

150124yuzuriha01.jpg
 ユズリハの木を見ました。

150124yuzuriha02.jpg
 ユズリハは、ちょっと変わった常緑樹と言われています。
細長く垂れ下がるように付く葉ですが、新緑が出る頃に、古い葉が落葉していく・・・。
だから「譲り葉」。 冬の日差しを受けて、まぶしく見えました。

150124yuzuriha03.jpg
 このユズリハの木には、ネームプレートが付けられていました。
あらら・・・。木の陰で一部隠れてしましましたが、
ユズリハが「トウダイグサ科ユズリハ属」となっているではありませんか。
手元の図鑑では、ユズリハは「ユズリハ科ユズリハ属」となっていたのに・・・。

 いつもお世話になるウィキペディアの「ユズリハ」の項にその答えが出ていました。
「花の形態がトウダイグサ科に似るので、古くはトウダイグサ科に含められたが、
 心皮が2個(トウダイグサ科は3個)などの違いから、独立のユズリハ科
 (学名: Daphniphyllaceae)とされた。」とのことです。

(撮影:2015.1.24 甲府市下向山町・曽根丘陵公園にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感