So-net無料ブログ作成
〔徹底追跡〕ホトケノザ ブログトップ
前の10件 | -

立春の日のホトケノザ [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

200204hotokenoza01.jpg
 この冬は、これまで暖かに推移しています。暦の上で春が立った日の昼下がり、
ホトケノザの花がとても元気に咲いていました。

(撮影:2020.2.4 甲府市下向山町・米倉山中腹にて)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

七草の日のホトケノザの花 [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

200107hotokenoza01.jpg
 今日は1月7日、暦で七草とされています。そんな日にずいぶんとにぎやかな
ホトケノザの花を見ました。にぎやかにおしゃべりをしているような雰囲気を
漂わせていました。

(撮影:2020.1.7 甲府市下向山町・米倉山山頂付近にて)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

元日のホトケノザ [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

200101hotokenoza01.jpg
 新年あけましておめでとうございます。
 新春に見たホトケノザの花です。今年もどうぞよろしくお願いします。

(撮影:2020.1.1 甲斐市大垈地内で)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

12月はじめのホトケノザの花 [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

191203hotokenoza01.jpg
 12月にはいった気のせいか、クリスマスモードな色合いを感じました。

(撮影:2019.12.3 甲府市下向山町・米倉山山頂付近にて)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シーズン到来、ホトケノザの花 [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

191117hotokenoza01.jpg
 山の畑の中のホトケノザの花です。大きく開けたお口の奥ののどちんこのよう
な赤い部分、あれがポイントなんですよね。

191117hotokenoza02.jpg
 しおれたのもありますが、赤い小さな玉のようなつぼみも・・・。次から次に
咲き続けていきます。これ、道ばたなら許されるのでしょうけど、畑のど真ん中、
1時間ほど、草取り作業して、ホトケノザも多く退治してしまいました。

191117hotokenoza03.jpg
 時間が経って、もうすぐ日が沈む・・・、そんな時間帯に逆光で撮りました。
またちょっと雰囲気が違って感じられるホトケノザの花たちでした。

(撮影:2019.11.17 甲府市下向山町・米倉山山頂付近にて)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホトケノザは困った雑草でした [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

191027hotokenoza01.jpg
 秋の深まりとともに、ホトケノザの花がきれいに咲いているのがよく見られる
ようになってきました。

191027hotokenoza02.jpg
 こちらは、わが家の山の畑における本日のスケッチの1つですが、タマネギの
植え付け準備として1月ほど前に土作りをしてマルチをしいておいた畑の一部で
す。本来ならば、まだ定植前なので、なにもない状態でないといけないのですが、
ご覧のようにホトケノザがびっしり。
 これは、もう少しでやってくるタマネギの定植までに、やっつけないとな・・・。

(撮影:2019.10.27 甲府市下向山町・米倉山山頂付近にて)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっと春めいてホトケノザ [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

190210hotokenoza01.jpg
 少しずつ春の色がこくなってきているようでした。

(撮影:2019.2.10 甲府市下向山町・曽根丘陵公園周辺にて)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホトケノザのABC [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

181008hotokenoza01.jpg
 秋のホトケノザのお話しです。

 本題に入る前に、「ABC」について、少し触れておきます。これは、日本語で言えば
「いろは」ですね。いいかえれば「はじめの一歩」ということでしょうか。単純ですが
これが「A to Z」になれば「あ・うん」というか「全て」という意味になるようです。
なので、今回の話は、ホトケノザの基本・・・といった感じになりそうです。

 では、本題。 ホトケノザは、シソ科オドリコソウ属の一年草または越年草だそうで
す。その花の時期は、3月から6月とされています。しかしながら、最近では秋も冬も
初夏も花が見られます。

181008hotokenoza02.jpg
 ホトケノザの花の形は、シソ科に共通する唇形花とよばれるもので、上唇はドーム型
で、外面に細かな毛が見られます。下唇は先が2つに分かれ、濃い紅色の斑点が見られ
ます。
 上唇の内側に何か見えますね。それは、オシベとメシベが合わさって存在しているも
のです。自己受粉してしまいそうな感じになっているのですが、それでも唇形の花は、
虫がはいりやすい形で、蜜を求めた虫が潜り込んで、合着したオシベとメシベをくすぐ
ることで受粉が確実に進むようです。

181008hotokenoza03.jpg
 ホトケノザの花が見られる本の方に、小さな濃い紅色の玉のようなもの、これはつぼ
みです。
 今回、あらためてホトケノザの花のことを調べてみたら、おもしろいことがわかりま
した。「閉鎖花」があるというのです。
 つぼみのままの状態で、開花せず内部で自家受粉していく・・・というものです。

 いつも見慣れたホトケノザですが、奥が深いなぁと思われました。
 ちなみに、今回の記事をまとめるに当たって、次の記事がたいへん参考になりました。
  自然観察大学ブログ―ホトケノザ https://sizenkan.exblog.jp/23334183/

(撮影:2018.10.8 甲府市下向山町にて)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホトケノザの世界も急に賑やかに・・・ [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

180220hotokenoza01.jpg
 完全にピントがあってないけど、緑の部分に赤い縁取りがあって、なんか珍しい
感じがしました。

180220hotokenoza02.jpg
 そんなホトケノザたちのようすも、急に賑やかな感じになってきています。春…
ですね。

(撮影:2018.2.20 甲府市下向山町・米倉山山頂にて)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寒中のホトケノザ・3 [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

180125hotokenoza01.jpg
 雪を解かして咲くホトケノザの花に感激を覚えました。このところ、とても冷え
込みが厳しく、寒い寒いを連発していますが、ホトケノザは強い!

(撮影:2018.1.25 中央市馬籠にて)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 〔徹底追跡〕ホトケノザ ブログトップ